Rabbit and chipmunk

実はRabbit もchipmunk(シマリス)もアメリカではWild animals, 野生の動物です。Rabbitsはやはりイースターの頃ひょっこり出てきます。Lawrence KSでも良くみましたし、Cincinnati では?

一番よく見たのはAspen Colorado です。Cincinnati の音楽院に在籍中、1度だけAspen Music Festival(アスペン音楽祭)に参加したことがあり、コンサートのアッシャーなどをしながらAspen treeの森を見ているとRabbits が草むらから出てきたり、chipmunks(シマリス)がAspen treeに登っていったり根元に入って行くのを目撃しました。

 Aspen trees のあるあたりはSquirrelsはいませんでした。山岳地帯だから生命体系も違うのでしょう。

Aspen tree とはポプラの木で、7月末になると綿毛を飛ばすのです。雪見たいで、本当にロマンティックです。そういう中にchipmunksがちょろちょろと動きまわります。ChipmunksはSquirrels とちがってshyですから私たちが触るなんてことはできません。 ですから遠くから見て楽しむしかないのです。

 アスペンでは2カ月間毎日コンサートが室内外であります。聞きに行くだけでも大歓迎です。クラッシクファンのみなさん、ぜひ、自然豊かな美しい避暑地に遊びに行ってください。

Filed under: 英語/英会話マメ知識 — mega-idea 8:53 PM  Comments (0)

雨の日のお客様

Ohio州にはDeer(しか)が多いと聞きましたが、大学周辺の市街地に住んでいた私はあまり見かけませんでした。

一度Cincinnatiの西側に仕事に行った時、なんと道端にa dead deer (鹿の死体) が横たわっていて、(かなり長い間だと思いますが、)その足かなんかの骨を車のタイアが踏み越えてしまったのです。とても硬かったです。あわてて降りてみましたが、もう骨が見えている足でした。

時間も無いしその時はそのまま行ってしまいました。私がしかを見かけたのはその時だけでした。

その後しばらくしてCincinnatiの郊外環状線の外側に住んでいる友達の家にいたときです。たまたま雨が降った後で、霧がかかっていました。そしたら窓の外に2匹のしか(two deer)が何かを食べていました。

芝生でしょうか?せっかく植えた芝や植木を食べつくしてしまうのですから、郊外の住民にとってはunwelcome visitors でしょうね。

鹿の数を一定以上増やさないためにOhio州では何カ月かの間は鹿狩りが許されているそうです。

Filed under: 英語/英会話マメ知識 — mega-idea 8:51 PM  Comments (0)

A raccoon(あらいぐま)のご挨拶!

前回、Squirrelの話をしました。SquirrelはCincinnati にもカンサス大学のあった、Lawrence Kansasにも沢山いました。

でもraccoonsは圧倒的にCincinnatiで多く見かけたと思います。私の生活の仕方もLawrence でとCincinnatiでとは違っていました。Cincinnati では車ももっていましたし、大学のキャンパスは小さかったので市内外の公園に良く出かけました。Raccoons(あらいぐまですが)は餌を求めて公園のごみ箱をあさって出てくるわけです。

治安の悪いアメリカは公園も入園時間が決まっていて、時間の前と後にはパトカーが廻ってきます。ですからその後は野生動物の生活の場になるわけです。

1度入園時間など知らなかった私は元彼にせがんで夜中にEden Parkに連れて行ってもらいました。ただ座って楽しいChat dateを楽しんでいたら、すぐ後ろの暗闇から「ぬ~、」とやってきたのがa raccoon! 

ご対め~ん!

そのときは何もしないで「じゃましたね、」と言って(?)Uターンして戻って行きました。

私も無謀な事をしたものです。

まず、時間外に公園に入り込んだら違反切符をもらいます。

次に、raccoonsはかなり共謀な動物でひっかかれたとか襲われたとか事件もあります。中には狂犬病(rabies)にかかっているraccoonsもいるのでアメリカではもっとも接触してはいけない動物とされています。

皆さん、気をつけてくださいね。

Filed under: 英語/英会話マメ知識 — mega-idea 8:50 PM  Comments (0)