外国人講師と日本人講師の違い

先日テレビでおもしろい内容が放映されていたので取り上げます。

それは、なぜ留学すると英語力が伸びるのか・・・・です。

日本にいても、英語の勉強はできますよね?

それはですね、文化が違うから・・なんです。

例えば、クリスマスケーキやお誕生日ケーキで、中に入れるイチゴってうすくスライスされるのが普通ですよね?

なので、日本にいて、英語の喋れる日本人に、スライス!といっても通じるんです。

でも、例えばアメリカ人の場合、ケーキにイチゴをバラバラの大きさできって、(確かアメリカンショートケーキという名前だったはずです)タルトのようなものにのせます。

日本でいえば、イチゴタルトなんかは薄くスライスしませんよね?

なので、例えばアメリカに行って、ショートケーキを作る時に、イチゴをスライスして!っていっても、一言で伝わらないんです。

そのため、何度か単語を交わして理解しあう必要があります。

日本人の阿吽の呼吸(理解でしたっけ)がないため、理解するために英語を話します。結果的にそれが、英語を多く話す事になり、英会話上達につながるわけです。

ということは、あれですね、やはり英会話アップをのぞむのであれば、ある程度理解できれば外国人講師のほうが上達が早いかもしれませんね。

もちろん月謝が違うので、余裕があれば・・ですが。

Filed under: 未分類 — mega-idea 11:43 AM  Comments (0)